雑誌記事「松竹映畫『灰燼』新興映畫『御存じ紫頭巾』」(1938)

灰塵・御存じ紫頭巾1938oct

 1938(昭和13)年10月発行の雑誌「サンデー毎日・十月十六日第二増大號」(大阪毎日新聞社)の記事より松竹映畫「灰燼」(冬島泰三監督)と新興京都映畫「御存じ紫頭巾」(木藤茂監督)の紹介です。上段の「灰燼」は西南戦争を舞台にした徳富蘆花氏作の原作で、左上が主演の高田浩吉さん右上が伏見信子さんと高田浩吉さん、その下が志賀靖郎さん本庄克二さん高田浩吉さんです。下段の「御存じ紫頭巾」は大正時代から現代まで数多く作られている正義の味方紫頭巾物で写真は右が羅門光三郎さんと松浦妙子さん、左が羅門光三郎さんと伴淳三郎(1908-1981)さんです。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR