雑誌記事「シーズン劈頭を飾るもの」(1939)

シーズン劈頭を飾るもの

 1939(昭和14)年発行の雑誌「週刊朝日・秋の映画號」(朝日新聞社)のグラビア記事より「シーズン劈頭を飾るもの」です。各社の新作紹介です。中央背景は東宝映画「金語楼の大番頭」(岡田敬監督)の撮影風景で柳家金語楼さん主演、その中の右が東宝映画「まごころ」(成瀬巳喜男監督)の入江たか子さんと悦ちゃんさん、左が東宝映画「エノケンの頑張り戰術」(中川信夫監督)の榎本健一さん、中央下三枚が松竹映画「残菊物語」(溝口健二監督)、右端上より松竹映画「西住戰車隊長(JMDBでは「西住戦車長伝」)」(吉村公三郎監督)の上原謙さん、松竹映画「桑の實は紅い」(清水宏監督)の田中絹代さん、東宝映画「のんき横丁」(山本嘉次郎監督)の藤原釜足さんと戸川弓子さん、日活映画「安珍清姫」(田崎浩一監督)の深水藤子さんと清水照子さん、左端上より日活映画「牢獄の花嫁」(荒井良平監督)の市川春代さん、新興キネマ「姫君大納言」(押本七之輔監督)の大友柳太郎さんと高山廣子さん、松竹映画「新しき家族」(渋谷實監督)の三宅邦子さんと佐分利信さん、松竹映画「桃栗五十三次」(笠井輝二監督)の高田浩吉さんと香月美子さんです。記事内に小さな広告がありますが、右の「ファースト」カメラの広告は栗林写真機械製作所(後のペトリカメラ)の物で、左の「月ヶ瀬」は銀座にあったあんみつ屋の広告です。いずれの会社も業態は変わっていますが現在も存続しています。
スポンサーサイト
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR