広告「養命酒」(1937)

養命酒・岡譲二1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「養命酒」(株式會社天龍館)です。お勧めしているのは岡讓二さんです。養命酒は慶長年間に信州伊奈の塩澤家によって始められ、1923(大正12)年に株式會社天龍館が設立されて製造販売を引き継ぎ、戦後に養命酒製造株式会社と商号を替えて現在に至ります。
スポンサーサイト

広告「資生堂・コールドクリーム」(1937)

資生堂1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「資生堂・コールドクリーム」です。「魅惑の地肌を作り/蠱惑の化粧を生む」というキャチコピーが少し怖いですね。現在も使われているシンボルマークとロゴは山名文夫氏のデザインです。

雑誌記事「名士とお母さま・吉屋信子女史」(1937)

吉屋信子1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「名士とお母さま・人氣作家吉屋信子女史とお母さま」です。吉屋信子さんは丁度「良人の貞操」を発表して物議を醸していた頃ですが、作家として絶大な人気を誇っていました。

広告「月經帶ビクトリヤ」(1937)

ビクトリヤ月経帯1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「月經帶ビクトリヤ」(株式會社大和ゴム製作所)です。大和ゴム製作所は1910(明治43)年に東京に設立され、様々なゴム製品を生産していました。戦後は塩ビの加工製品が中心になり、住宅用壁紙等を生産する会社になりました。1970(昭和45)年に社名をヤマト化学工業株式会社と改めて現在に至ります。

雑誌記事「淀君・夏川静江」(1937)

夏川静江1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「淀君」です。夏川静江さんが淀君に扮しています。解説を菊池寛さんが書いていますが、徳川時代に悪女に貶められたと言っています。

広告「マルキン醤油」(1937)

マルキン醤油1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「マルキン醤油」です。マルキン醤油は1907(明治40)年に香川県で創業され、戦後まで続きましたが2013年に盛田株式会社に吸収合併されてそのブランドは消滅しました。

広告「ウテナ水白粉」(1937)

ウテナ1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「ウテナ水白粉・ウテナコールドクリーム」(久保政吉商店)です。水白粉は現在で言うところのリキッドファンデーションでしょうか。

広告「マスターホームパクト」(1937)

マスターホームパクト1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「マスターホームパクト」(マスター化粧品株式會社尚美堂)です。マスターブランドの化粧品は戦前戦後に多くの広告を出している大手でした。

広告「ウテナバニシングクリーム」(1937)

ウテナクリーム1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「ウテナバニシングクリーム・ウテナほゝ紅」(久保政吉商店)です。ちなみに現在も存続する株式会社ウテナの現在の社長である岩倉具栄氏の父が女優の小櫻葉子さんのいとこに当ります。

雑誌目次絵「目次繪・松田富喬畫」(1937)

主婦之友目次絵1937nay

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)の目次絵です。昭和戦前期のモダンな「山ガール」の姿を松田富喬さんが描いています。松田富喬さんは愛知県生まれ、大阪の日本画家の北野恒富(1880-1947)門下として画業をスタートさせましたが、商業ポスターの図案や雑誌の表紙絵や挿絵などで昭和初期に大変人気がありました。

広告「酵母菓子・ビスコ」(1937)

ビスコ1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)の裏表紙裏広告より「酵母菓子・ビスコ」(グリコ株式會社)です。グリコ株式會社は1921(大正10)年に大阪で江崎利一氏によって創立され、現在も江崎グリコとして存続しています。ビスコは1933(昭和8)年に子供用ビスケットとして発売が開始され、現在においても日本における定番のお菓子となっています。

広告「レート白粉」(1937)

レート白粉1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「レート白粉」(平尾贊平商店)です。モデルはデビューしたてでまだ10代の原節子さんです。

広告「キッコーマン醤油」(1937)

キッコーマン醤油1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)の表紙裏広告より「キッコーマン醤油」(野田醤油株式會社)です。現在では世界中に展開しているトップクラスの調味料会社キッッコーマン株式会社として存続しています。キッコーマンは江戸初期から千葉県野田で醤油や味醂を醸造していた店同士が明治に入って組合を作り共同販売したことが始まりです。味噌や醤油は地産地消が主流だった時代に珍しく全国区の企業となりました。

雑誌扉絵「古今桃色草紙・創刊號」(1928)

古今桃色草紙1928july

 1928(昭和3)年7月発行の雑誌「古今桃色草紙」創刊號(發藻堂書院)の扉絵です。ビアズリー風のイラストと作者不明の詩が掲げてあります。

広告「プロレタリア映画入門」(1928)

プロレタリア映画入門1928july

 1928(昭和3)年7月発行の雑誌「古今桃色草紙」創刊號(發藻堂書院)の表紙裏広告より「プロレタリア映画入門村山知義著(前衛書房)です。昭和一桁に流行したエロ・グロ・ナンセンス系雑誌の広告にもう一つ流行した左翼系の本の広告が出ています。検閲をくぐり抜けるという行為が似ているせいか、両者の親和性は高いようです。

広告「ラブレター雑考」(1928)

ラブレター雑考1928july

 1928(昭和3)年7月発行の雑誌「古今桃色草紙」創刊號(發藻堂書院)の裏表紙広告より「ラブレター雑考」(文藝資料研究會)です。文藝資料研究會と發藻堂はメンバーがほぼ同じ会社で、当時のエロ・グロ・ナンセンスのサブカルチャー出版物を積極的に発行していました。著者の池田文痴庵(1901-1972)氏は東京市麻布區生まれ、明治藥學専門學校を卒業後、海軍を経て森永製菓に勤務しました。大衆文化資料の収集・研究家として知られ多くの著作を残しています。

雑誌「古今桃色草紙・創刊號」(1928)

古今桃色草紙1928july

 1928(昭和3)年7月発行の雑誌「古今桃色草紙」創刊號(發藻堂書院)の表紙です。編集長は当時の風俗系論客、花房四郎氏です。昭和初期のエロ・グロ・ナンセンスの流行の中、当局の検閲を通って公刊された雑誌です。内容は意外とまじめな論考が多いです。

広告「森永ドロップス」(1939)

森永ドロップス1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「森永ドロップス」(森永製菓株式會社)です。「たしなみの一つ」だそうです。さらに野球カードも入っているようです。

雑誌挿絵「蔭に働く人たち・中村篤九画」(1939)

蔭に働く人たち1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事挿絵より「蔭で働く人たち」です。作画は中村篤九(?-1947)さんです。大きなビルの地下にあるボイラー室の様子を描いています。中村さんは札幌生まれ、恋人と駆け落ちして上京し、新漫画派集団にも参加していた漫画家です。

広告「無電技士・製圖工」(1939)

通信教育1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「無電技士・女子製圖工養成」(帝國無電通信學校・帝國製圖協會)です。無線技師と製図工養成学校の案内ですが、良く見るとどちらも住所は同じです。先日紹介した絵画の通信教育とも同じ住所です。通信教育専門の会社のようです。

広告「さしゑマンガ講義録」(1939)

挿絵マンガ講義録1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「さしゑマンガ講義録」(日本通信美術學校)です。添削式の絵画通信教育の広告です。現在も同様の広告が多いので需要は昔からあるようです。

広告「キング水彩」(1939)

キング水彩1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「キング水彩」(王様商會)です。王様商會は1918(大正7)年に創業された日本最古の国産クレヨン製造会社で、王様クレヨンの商標を覚えておられる方も多いと思います。現在も群馬県で会社は存続していますが、自社ブランドの製品の製造はしていないようです。

雑誌挿絵「黒板ロマンス・雨の降る日(その4)」(1939)

黒板ロマンス・雨の降る日1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「黒板ロマンス・雨の降る日(その4)」(作:嶋本志津夫)です。松野一夫さんが挿絵を描いています。主人公が仕立て直したレインコートを母親に着せてもらっています。

雑誌挿絵「黒板ロマンス・雨の降る日(その3)」(1939)

黒板ロマンス・雨の降る日1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「黒板ロマンス・雨の降る日(その3)」(作:嶋本志津夫)です。松野一夫さんが挿絵を描いています。電柱には裸電球の街灯、消火栓、市電、板塀の木造家屋、野犬に大八車(リヤカーではない)と戦前の都会の雰囲気が良く出ています。

雑誌挿絵「黒板ロマンス・雨の降る日(その2)」(1939)

黒板ロマンス・雨の降る日1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「黒板ロマンス・雨の降る日(その2)」(作:嶋本志津夫)です。松野一夫さんが挿絵を描いています。セーラー服の上にベルトをしているのは当時の制服で流行っていた校章のバックルが入った飾りベルトをしているからです。

雑誌挿絵「黒板ロマンス・雨の降る日(その1)」(1939)

雨の降る日1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「黒板ロマンス・雨の降る日」(作:嶋本志津夫)です。松野一夫(1895-1973)さんが挿絵を描いています。松野さんは福岡県小倉出身、小倉中学を中退して上京し中学校を卒業後画家を目指します。1921(大正10)年の帝展入選後挿絵画家としてデビューし、雑誌「新青年」の表紙絵で有名になりました。フランス留学を挟んで様々な雑誌に挿絵を描いています。作家の嶋本志津夫(1904-1979)さんは本名(神崎清)での評論家としての業績の方が有名です。香川県高松市出身で、東京帝國大學文學部を卒業後、女学校で教師をしていましたが危険思想の持ち主として解雇され、以後文筆業に専念し、評論家、ジャーナリスト、小説家として活躍しました。

広告「花子の日記(ヱビオス錠)」(1939)

花子の日記1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の広告より「花子の日記」(ヱビオス錠)です。一件コラム記事かと思いきや、読んでみると大日本麦酒株式會社製のビタミン剤の広告になっています。

長篇連載漫画「くるくるクルミちやん(その2)」(1939)

くるくるクルミちゃん1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「長篇連載漫画・くるくるクルミちやん」(その2)です。作者は松本かつぢさんです。驚いた時の擬音が「ギャボッ」となっています。台詞はまだ吹き出しになっていません。

長篇連載漫画「くるくるクルミちやん」(1939)

くるくるクルミちゃん1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「長篇連載漫画・くるくるクルミちやん」(その1)です。作者は松本かつぢさんです。まさに代表作となった作品です。

雑誌挿絵「花日記・中原淳一画」(1939)

花日記1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の連載小説挿絵より「花日記」(作:川端康成)です。中原淳一さんが挿絵を描いています。この小説は戦後に「ひまわり」でも連載されて単行本化されました。ただ中里恒子氏による代作説もあるいわく付きの小説です。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR