新名婦傳「解剖臺」【その1】(1913)

解剖台1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、新名婦傳「解剖臺」(佐倉新月:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。佐倉新月さんはこのころの少女の友に多く寄稿していますが、詳細はわかりませんでした。
スポンサーサイト

滑稽小説「母の留守」【その2】(1913)

母の留守1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、滑稽小説「母の留守」(松山思水:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。両親は外出、お手伝いはサボりで不在の時に、何もできないお嬢様一人しかいないのに遠来からの急な客人訪問でてんやわんやの大騒ぎです。

滑稽小説「母の留守」【その1】(1913)

母の留守1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、滑稽小説「母の留守」(松山思水:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。松山思水(1887-1957)さんは和歌山県生まれ、早稲田大學の英文科を卒業後、実業之日本社に入社しました。その後は作家に転身し児童文学を中心に、科学読物、滑稽物など多数の著作を行ないました。

少女小説「飛ぶ少女」【その3】(1913)

飛ぶ少女1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「飛ぶ少女」(江見水蔭:作)です。挿し絵の作者はわかりません。犯人は捕まり、切られた人も軽傷のようです。この群衆の中で洋装しているのが警官しかいません。大正初期はこのような感じなのでしょう。

少女小説「飛ぶ少女」【その2】(1913)

飛ぶ少女1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「飛ぶ少女」(江見水蔭:作)です。軽業師の女の子が追いかけてきた剣舞団長に半鐘の撞木をなげつけたため、団長は墜落した所を村人に追われて沼に逃げ、捕まります。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR