FC2ブログ

広告「增刊・雁鳴く頃」(1913)

雁鳴く頃1913oct

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」十月(第六巻第十一號)(實業之日本社刊)内の広告より「增刊・雁鳴く頃」(實業之日本社)です。「少女の友」の増刊号の広告です。挿絵は川端龍子さんです。100年以上前の「現代の少女」です。
スポンサーサイト

少女小説「その明日ー時子の話ー・富岡鼓川【その2】」(1913)

その明日1913oct

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」十月(第六巻第十一號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「その明日ー時子の話ー」(富岡鼓川)です。挿絵は佐佐木林風さんです。珍しく母親に外泊を認めてもらえた時子さん、女学校時代の友人宅に泊りに行きますが、その夜その母親が倒れてしまいます。

少女小説「その明日ー時子の話ー・富岡鼓川【その1】」(1913)

その明日1913oct

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」十月(第六巻第十一號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「その明日ー時子の話ー」(富岡鼓川)です。挿絵はサインから佐佐木林風さんだと思われます。富岡鼓川(1884-?)さんは大正から昭和にかけて児童文学の作家や編集者として活躍しました。

少女小説「飛ぶ少女・江見水蔭」【その3】(1913)

飛ぶ少女1913oct

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」十月(第六巻第十一號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「飛ぶ少女」(江見水蔭)です。無事に谷を渡りきってホッとしたのもつかの間、トンボちゃんは何者かに拉致されます。一難去ってまた一難。

少女小説「飛ぶ少女・江見水蔭」【その2】(1913)

飛ぶ少女1913oct

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」十月(第六巻第十一號)(實業之日本社刊)内の記事より、少女小説「飛ぶ少女」(江見水蔭)です。秩父の山奥で道に迷った一行は谷を渡るため、まずトンボちゃんが綱渡りで対岸に向かいます。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR