fc2ブログ

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その131】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「女の服装 日傘と雨傘」です。「圖は雨傘である。男よりも女の方が和傘の率が約倍多數出てゐる。そして印入りの番傘は女にもいやなものと見えて著しく少ない。(勿論男のうちには丁稚級が多數混入してゐる)そして、蛇の目が七〇パーセントである。長袖の着物と和傘とは密接な交渉があるものと見られる。色は男物と比べると、多少グリーンの如きが多い。」

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その130】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「女の服装 日傘と雨傘」です。「次ぎに動態に屬する一つを挿むと、圖で、これはパラソルの持ち方の統計である。大多數は少し斜めにして肩にかるく支へさすやうな方式である。次に多いのは眞直に行儀を構えて持つ式である。くるくる空を切りながら歩く人もいつも出る數字である。持ち方は容姿の構成に關係する事なのであるが、その間に多少共パラソルを持つ人の性格が現はれるとみられる。」

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その129】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「女の服装 日傘と雨傘」です。「そして一寸不審に思はれるのは、舊式の長柄のものには絹張りのが多く、新式の短柄のものには人絹級のが多いことである。地質と色とは圖の通りである。」

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その128】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「女の服装 日傘と雨傘」です。「パラソルの柄は圖である。概して中年の奥樣は長い柄のものを持つてゐる。そして若い人達は短い柄のハイカラ型のを持つてゐるのである。しかし東京にみられるやうな飛び切りハイカラな短柄のものはない。」

今和次郎・吉田謙吉著「考現學採集【その127】」(1931)

モデルノロヂオ1931dec

 1931(昭和6)年12月に建設社から発行された「考現学採集:モデルノロヂオ」(今和次郎・吉田謙吉著)より、「小樽市大通(花園町)服装調査」(大町敏子/名取まつ子調査、今和次郎整理)の中から「女の服装 携帶品」です。「圖は風呂敷の分析である。前に述べたやうに男持ちのと大體同樣である。」
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR