広告「ウオルサム」(1938)

ウォルサム1938jan

 1938(昭和13)年1月発行の雑誌「新青年・新年特大號」(博文館)内の広告より「ウオルサム」(米國ウオルサム時計會社)です。Walthamブランドは米国最古の時計ブランドとして、特に懐中時計が有名です。現在もスイスの時計メーカーとして、また米国内では別メーカーのブランドとして継続しています。
スポンサーサイト

広告「電氣時計シンクロン」(1938)

電気時計のバイクロン1938jan

 1938(昭和13)年1月発行の雑誌「新青年・新年特大號」(博文館)内の広告より「電氣時計シンクロン・停電にも止まらないバイクロン」(東京電氣時計會社)です。交流の周波数を利用した電気時計です。東京電気時計は1939(昭和14)年に東芝設立の折に母体会社の一つとなりました。

腕時計(オメガ社製)

腕時計

 スイスの代表的な時計メーカーのオメガ社製機械式腕時計です。シリアルナンバーから1939(昭和14)年製だと思われます。秒針が小さく別になっていることからスモールセコンドという形式です。ゼンマイの手巻き式で、一回巻き切ると二日弱動きます。ステンレス製ですが、防水、防磁、防振いずれもされていないので、それなりに扱いには気をつけます。状態は大変良いですが、アフターケアのしっかりした専門店で購入しても、元値を考えたらかなりリーズナブルな値段で買えると思います。こういう古い物を実用で使っていると、とても嬉しい気分になります。

柱時計

柱時計

 振り子式の柱時計です。修理をした方によると昭和初期の無名メーカー製(確かに安かった)だそうです。一週間に一度ゼンマイを巻くと、ほぼ正確(±一分程度)な時間を刻みます。1時間に一度時報を「ボーンボーン」と告げ、何とも懐かしい気分にさせられます。そう言えば亡くなった祖父母の家にこんな時計がありました。八角形のデザインにアールデコ風の市松模様のアクセントがモダンさを主張しています。真鍮製の振り子にはアールヌーボー風の唐草を模した振り子押さえが付いています。しかしいまだに機械式の柱時計を修理してくれるお店があるのですね。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR