広告「第一銀行」(1937)

第一銀行1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の広告より「第一銀行」です。写真の建物は東京丸の内にあった1930(昭和5)年竣工の本店で、現在みずほ銀行丸の内支店のある場所となっています。設計者は西村好時(1886-1961)氏で当時第一銀行建築課長として多くの銀行建築を手がけました。第一銀行は日本初の商業銀行として国立民営で1873(明治6)年に設立され、戦時合併で帝國銀行、戦後の最分割で第一銀行、1971(昭和46)年に日本勧業銀行と合併して第一勧銀、2002(平成14)年に富士銀行と日本興業銀行と合併してみずほ銀行となり、現在に至ります。
スポンサーサイト

広告「風光絶佳・寳塚ホテル」(1941)

寳塚ホテル1941july

 1941(昭和16)年7月発行の雑誌「東寳」創刊九十號記念七月號(東寳文藝課)内の広告より「風光絶佳・寳塚ホテル」です。1926(大正15)年に宝塚市に建てられたホテルです。このホテルと建物は現存していますが、間もなくホテルは移転し、建物は取り壊される予定です。

雑誌記事「帝都の偉觀・永井拓相の參觀」(1933)

写真ニュース(その1)1933jul

 1933(昭和8)年発行の雑誌「アサヒグラフ」昭和八年七月十二日號(朝日新聞社)の記事より「帝都の偉觀・永井拓相の參觀」です。写真上は竣工なった内務省の建物、下は齋藤内閣(1932-1934)の永井柳太郎(1881-1944)拓務大臣による養護学校の視察です。拓務省とは1929(昭和4)年から1942(昭和17)年にかけて存在した植民地の開拓を担う省庁でした。

大東京寫眞案内「東京の耳」(1933)

東京の耳1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「東京の耳」です。在京新聞・通信各社の社屋です。右上が有楽町にあった朝日新聞社、左上が東京日日新聞社(現在の毎日新聞社)、その下が時事新報社、その下が報知新聞社、下右が朝日新聞社の輪転機、左が編集室の様子です。

大東京寫眞案内「中野區」(1933)

中野區1933jul

 1933(昭和8)年7月発行の「大東京寫眞案内」(博文館:編)より、「中野區」です。現在の東京都中野区になります。写真は上が1929(昭和4)年に移転開業した中野駅北口です。その下は江古田にあった東京市の結核療養所で、1993年に施設統合により閉鎖され現在は公務員宿舎が建っています。写真下右は東洋大学の創始者で妖怪の研究者としても有名な井上圓了(1858-1919)氏が1904(明治37)年に建てた哲學堂で現在は哲学堂公園として整備されています。下左は中野坂上にある塔の山公園ですが、この三重塔は隣接する宝仙寺の境内にあります。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR