雑誌記事「出盛りの苺と夏蜜柑のお菓子」(1937)

苺と夏蜜柑のお菓子1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「出盛りの苺と夏蜜柑のお菓子」です。監修の田中三之助さんは戦前から戦後にかけて多くのレシピを様々な媒体に発表しています。
スポンサーサイト

雑誌記事「統計ニュース」(1937)

統計ニュース1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「統計ニュース」です。婦人の化粧品代が意外と少ないこと、日本の平均寿命が40代半ばと先進国よりかなり低いこと、外国人観光客が増えていること等が述べられています。昭和に入ってもまだ人生50年に達していなかったのですね。乳児死亡率の高さや、結核などで若くして亡くなる方も多かったのでしょう。

雑誌記事「農村婦人の驚異的な働き(その2)」(1937)

農村婦人の驚異的な働き1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「精密機械工業の最前線を行く・農村婦人の驚異的な働き」(理化學研究所長・大河内正敏)です。今では当たり前ですが、農村婦人でも立派な工場労働者になりうるという記事です。

雑誌記事「農村婦人の驚異的な働き(その1)」(1937)

理化学研究所1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「精密機械工業の最前線を行く・農村婦人の驚異的な働き」(理化學研究所長・大河内正敏)です。農村婦人が優秀な工場労働者になれるのか、という今から言うと大変失礼な記事ですが、大河内所長は問題ないと太鼓判を押しています。大河内正敏(1878-1952)さんは、千葉県にあった大多喜藩主大河内家に生まれた子爵で東京帝國大學を卒業後、帝大教授、貴族院議員、東京物理學校校長、等を歴任、1921(大正10)年に理化學研究所第三代所長となり1946(昭和21)年まで勤めました。

雑誌記事「疲れない働き方の新研究(その3)」(1937)

疲れない働き方の新研究1937may

 1937(昭和12)年5月発行の「主婦之友」五月號(主婦の友社刊)内の記事より「仕事に追はれる奥様方のための疲れない働き方の新研究」(日本勞働科学研究所發表)です。昭和初期以前の家事は不合理な姿勢を取ることが多いのですが、配置等を工夫して少しでも負担を減らせるように提言しています。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR