FC2ブログ

雑誌記事「薩摩芋のお料理」(1915)

薩摩芋のお料理1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「薩摩芋のお料理」(指原乙子)です。帝國女子割烹學校講師の指原乙子さんは大正から昭和にかけて多くの料理本を執筆しています。その肩書きも東京女子割烹学校校長や女子美術学校講師など様々です。
スポンサーサイト

雑誌記事「紡績會社の女工【その2】」(1915)

紡績会社の女工1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「紡績會社の女工 ー 働く少女その二 ー 」(和田古江)です。当時としては環境が悪いのは当たり前なので特に指摘はしていませんが、12時間の労苦の報酬は金銭的には僅かであると言い切っています。働いている少女たちの服装が、和服で帯はお太鼓、頭は丸髷と全く働くような格好ではありません。

雑誌記事「紡績會社の女工【その1】」(1915)

紡績会社の女工1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「紡績會社の女工 ー 働く少女その二 ー 」(和田古江)です。こちらはいわゆる女工哀史の世界です。和田古江さんは雑誌「コドモノクニ」の編集主任として有名な編集者です。

雑誌口繪「蝗捕」(1915)

蝗捕1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)の寫眞口繪「蝗捕」です。田んぼでイナゴ捕りに興じる姉妹という設定です。手前の妹さんは当時の典型的な女学生の格好です。

広告「懸賞金三千圓・三越呉服店」(1913)

三越呉服店1913sept.jpg

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)の表紙裏広告より「懸賞金三千圓」(三越呉服店)です。懸賞金をかけて文芸作品を広く募集しています。この時の入選者に劇作家の鈴木泉三郎(1893-1924)さんがいます。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR