FC2ブログ

雑誌記事「向島の秋色」(1915)

向島の秋色1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「向島の秋色」(和田古江)です。編集者男三人で震災前の東京ルポルタージュです。
スポンサーサイト

雑誌記事「葡萄園」(1915)

葡萄園1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「葡萄園」です。茨城県牛久にある神谷シャトーの葡萄園です。遠くにシャトーカミヤ本館が見えます。とても日本の風景には見えません。明治末にこの農園が完成した時は驚かれたでしょうね。

雑誌記事「提燈と釣鐘」(1915)

提灯と釣鐘1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「提燈と釣鐘」です。奇妙な取り合わせですが、提灯は浅草寺仁王門の大提灯、釣鐘は横浜市鶴見区にある総持寺のものです。仁王門は戦災で焼失して再建され宝蔵門と名前を変えました。当時雷門は仮設の物しかなく大提灯もありませんでした。

雑誌記事「二重橋」(1915)

二重橋1915oct

 1915(大正4)年10月に発行された「少女畫報」(第四年第十號秋季特別號)(東京社刊)内の記事より「二重橋」です。現在(1915年!)の整備された二重橋と明治初期の同じ視点の写真とを見比べています。考えて見るとまだ明治になって五十年経っていないのです。下の写真は人力車と電柱があるので幕末ではなく明治になってからです。

雑誌記事「月の御殿のお土産ばなし」(1913)

月の御殿のお土産ばなし1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、「月の御殿のお土産ばなし」(一戸直藏:作)です。月面から地球を眺める想像図です。一戸直蔵(1878-1920)さんは青森県生まれ、家族から進学への理解が得られず苦労しますが、第二高校から東京帝國大學理科大學を卒業し、天文学者になります。天文台などに勤務しながら市井の科学者を目指し、自ら科学雑誌を創刊し、科学ジャーナリストとして活動しますが、志半ばで結核のため夭折しました。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR