雑誌記事「カメラ・ローマンス【その10】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「ルンペン世間博士」と題して紙屑拾いの人が新聞社前に貼り出されている新聞を読んでいる様子のようです。付随するストーリーは「花賣娘とお爺さん」(作:黒沼健)です。なかなか切ないお話です。
スポンサーサイト

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その9】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「あれよ爆撃機」とのどかな原っぱから空を見上げる親子のようです。その物語は「原つぱの感傷」(作:青木二郎)で語られていますが、そこで大人は大学出たての若者で子供は彼が気になっていた姉を持つ近所の子供達ですが、そのお姉さんはお嫁に行ってしまいました。見上げているのはヒバリです。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その8】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「初夏はお洗濯から」という題ですが、どうやらオリンピック選手のトレーニングウェアのようです。その内容は「國策未來記」(作:中谷輝雄)に載せてあります。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その7】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「五銭玉文化」とは当時の公衆電話市内一通話分の五銭のことです。その内容は「合戰後一時間」(作:片岡貢)と題して後ろに掲載されています。片岡貢(1903-1960)さんは静岡県生まれ、早稲田実業卒業後、報知新聞社に入社し勤めながら「新青年」を中心に時代小説など作家活動もしていました。

雑誌記事「カメラ・ローマンス【その6】」(1938)

カメラ・ローマンス1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の記事より「カメラ・ローマンス」(撮影:吉田裕彦)です。「ビルに心あらば」ということで、その内容は「午後三時」(作:長谷川修二)と題して後ろに掲載されています。長谷川修二(1903-1964)さんは東京生まれ、府立一中、慶應大学中退後、シナリオライターや推理小説の翻訳家として活躍しました。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR