FC2ブログ

雑誌記事「避暑地の寫眞・安河内治一郎」(1936)

上高地1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の記事より「避暑地の寫眞」(安河内治一郎)です。写真は作例の「上高地(田代池)」です。安河内治一郎(1883-1968)さんは戦前戦後通して活躍した写真家でアマチュア向けのカメラ技法書も多く出版しています。当時の注意事項として要塞地帯は面倒臭いとあります。軍港近くの海岸地帯など多くの避暑地では軍事機密の点から寫眞撮影が禁じられていました。
スポンサーサイト

雑誌記事「夏の水の撮影・関口保路」(1936)

映る水1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の記事より「夏の水の撮影」(関口保路)です。作例は「映る水」です。關口保路さんはアサヒカメラ誌上で一時期解説記事を書いていますが、経歴の詳細はわかりませんでした。

雑誌記事「夏の虫・下村兼史」(1936)

夏の虫1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の記事より「夏の虫」(下村兼史)です。作例は「ヒメアカタテハ」です。下村兼史(1903-1967)さんは佐賀県生まれ、慶應義塾大学予科に入学するも、健康上の理由で退学し佐賀県に帰郷し、そこで野鳥の撮影を始めて、その写真が写真展で入選、その後野鳥の生態写真、映画の分野で第一人者となります。この記事では鳥ではなく虫の生態写真の撮影法について論じています。

雑誌記事「夏の朝・阪井政次郎」(1936)

夏の朝1936jul

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の記事より「夏の朝」(阪井政次郎)です。夏は日差しが強く、光がコントロールできる朝の撮影を薦めています。現像や焼き付け時のテクニックなどの注意点も記されており、当時のアマチュアカメラマンは自分でフィルムを現像し、印画紙に引き伸ばして焼き付けていました。阪井政次郎(1877-1945)さんはこの頃に活躍した写真家で写真テクニックの著書も残しています。

雑誌記事「夏の雲・野島康三」(1936)

夏の雲・野島康三1936jun

 1936(昭和11)年7月に発行された雑誌「アサヒカメラ臨時増刊・アマチュア夏の寫眞術」(朝日新聞社)内の記事より「夏の雲」(野島康三)です。野島康三(1889-1964)さんは埼玉県浦和に銀行家の長男として生まれ、慶應義塾在学中からアマチュア写真家として活動を始め、健康上の理由で退学後は、写真館や画廊の経営をしながら写真家として成功をおさめ有名になりました。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR