雑誌記事「人形の家・西沢笛畝氏に訊く」(1939)

人形の家1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「人形の家・西沢笛畝氏に訊く」です。西沢笛畝(1889-1965)さんは東京浅草生まれの日本画家で、荒木寛畝氏、十畝氏に師事し、1914(大正3)年の文展に入選、以後文展・帝展に多数入選します。人形を描いた絵で有名ですが、世界の人形玩具収集とその研究でも著名です。
スポンサーサイト

雑誌記事「少女・松本かつぢ繪(その3)」(1939)

少女・松本かつぢ1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「マルグリット・オウドウー原作『少女』内山基文、松本かつぢ繪」(その3)です。フランスの小説家マルグリット・オードゥー"Marguerite Audoux"(1863-1937)氏原作の「光ほのか」"Douce Lumière"の一部です。文は主筆の内山基さん、挿絵は松本かつぢさんです。

雑誌記事「少女・松本かつぢ繪(その2)」(1939)

少女・松本かつぢ1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「マルグリット・オウドウー原作『少女』内山基文、松本かつぢ繪」(その2)です。フランスの小説家マルグリット・オードゥー"Marguerite Audoux"(1863-1937)氏原作の「光ほのか」"Douce Lumière"の一部です。文は主筆の内山基さん、挿絵は松本かつぢさんです。

雑誌記事「少女・松本かつぢ繪」(1939)

少女・松本かつぢ1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「マルグリット・オウドウー原作『少女』内山基文、松本かつぢ繪」です。フランスの小説家マルグリット・オードゥー"Marguerite Audoux"(1863-1937)氏原作の「光ほのか」"Douce Lumière"の冒頭部分です。全部お読みになりたい方は堀口大學先生譯の第一書房版(1938)をどうぞとのことです(戦後出版というWikipediaの説明は間違っています)。地の文は主筆の内山基さん、挿絵は松本かつぢ(1904-1986)さんです。松本さんは兵庫県神戸市生まれ、立教中学在籍中にカット書きのアルバイトを始め1928(昭和3)年に中退してプロの挿絵画家となりました。少女雑誌の挿絵で大人気となり、また少女漫画の源流となる漫画を描いたことでも知られています。

雑誌記事「春の跫音・海の向ふ」(1939)

春の跫音・海の向ふ1939mar

 1939(昭和14)年3月に発行された「少女の友」三月號(實業之日本社刊)内の記事より「春の跫音・スヰートピー」(撮影:安田勝彦氏)です。北原白秋氏作の詩「海の向ふ」が添えられています。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR