中篇讀切「一週間【その4】」(1938)

一週間1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の中篇讀切小説「一週間」(横溝正史:作、高井貞二:畫)です。自分の立てた計画が意外な方向に進展してしまい呆然とする主人公の図です。
スポンサーサイト

中篇讀切「一週間【その3】」(1938)

一週間1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の中篇讀切小説「一週間」(横溝正史:作、高井貞二:畫)です。主人公が他社の記者から事件を捏造したのではないかと指摘され、逆ギレするの図です。

中篇讀切「一週間【その2】」(1938)

一週間1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の中篇讀切小説「一週間」(横溝正史:作、高井貞二:畫)です。築地近くの飲み屋で何やら相談している新聞記者と自殺願望者です。

中篇讀切「一週間【その1】」(1938)

一週間1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の中篇讀切小説「一週間」(横溝正史:作、高井貞二:畫)です。落ち目の新聞社の記者が上司から捏造してでも特ダネを取ってこいと言われてくさっています。

中表紙「新青年六月號」(1938)

新青年1938jun

 1938(昭和13)年6月発行の雑誌「新青年・六月號」(博文館)内の中表紙です。イラストは近藤日出造さんです。客待ちの円タク(市内1円均一タクシー)の運転手と助手の会話のようで、「チクシヨウ!顔眞つ黒けにしやがつて、木炭ガールにモテやがつたな」とあります。木炭ガールの意味は不詳ながら、当時「キャンデーガール」「タバコガール」等、〜ガールというキャンペーンガールが流行っていたのでその類推ではないでしょうか。当時のタクシーは客引きや料金の収受と交渉、それに運転見習いのため運転手と助手という二人乗務が多かったようです。均一なのに交渉とは、近くの場合値引きもあり(赤坂まで50銭で!とか)、市外は交渉次第、ということだったようです。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR