愛國小説「滿朝の花」【その2】(1913)

満朝の花1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、愛國小説「滿朝の花」(永代静雄:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。ここでいう満朝とは、前年(1912年)に崩壊した清帝国のことです。
スポンサーサイト

愛國小説「滿朝の花」【その1】(1913)

満朝の花1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、愛國小説「滿朝の花」(永代静雄:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。永代静雄(1886-1944)さんは兵庫県生まれ、牧師になるため関西学院に入学、その後、同志社の神学部に転学して卒業し、新聞記者、作家となります。田山花袋作「蒲団」のヒロインの恋人のモデルだそうです。

新名婦傳「解剖臺」【その2】(1913)

解剖台1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、新名婦傳「解剖臺」(佐倉新月:作)です。挿絵は佐々木林風さんです。居間に柱時計のある明治の世になっても頑固に丁髷を続けるお爺さんの図です。

新名婦傳「解剖臺」【その1】(1913)

解剖台1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、新名婦傳「解剖臺」(佐倉新月:作)です。佐倉新月さんはこのころの少女の友に多く寄稿していますが、詳細はわかりませんでした。

滑稽小説「母の留守」【その2】(1913)

母の留守1913sept

 1913(大正2)年に発行された「少女の友」九月(第六巻第十號)(實業之日本社刊)内の記事より、滑稽小説「母の留守」(松山思水:作)です。挿絵のクレジットがなく画家はわかりません。両親は外出、お手伝いはサボりで不在の時に、何もできないお嬢様一人しかいないのに遠来からの急な客人訪問でてんやわんやの大騒ぎです。
プロフィール

nao_koba

Author:nao_koba
昭和モダンの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
from 2012/2/20
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR